呪術廻戦

【呪術廻戦】第104話の感想です!

どうも!コハク屋です!

今回の記事は芥見下々先生「呪術廻戦」第104話の感想です。

この記事には「呪術廻戦」第104話のネタバレを若干含みます。
まだお読みになっていない方はご注意ください。

前回のあらすじ

兄弟の仇討ちに燃える脹相の赤血操術に圧されて窮地に陥る虎杖悠仁。

しかしこの厳しい局面の最中、沈黙を保っていたメカ丸が目覚めた。

今回はメカ丸回

メカ丸まだ喋れたのかッ!

てっきりエネルギー切れを起こしていると思っていたよ!

メカ丸曰く「やること」あってそ省エネに徹していただけのようです。



でもメカ丸の云う「やること」って何のことなんでしょうか?

渋谷事変に関する事だと思いますが、個人的には京都高関連であってほしいなと思っています。

三輪ちゃんとメカ丸のやり取りがもう一度見たい。。

意外と名コンビ

純粋で直情的だが強靭な肉体と高い戦闘力を持っている虎杖君。

肉体は既に失ってしまったが狡猾で打算的なメカ丸。

お互いの弱点を補いつつ、お互いの強みを最大限に活かせる良いコンビですよね。

ただメカ丸は既に死亡しており、エネルギーが切れたら終わりという限りがあるので
今回のみの即席コンビなんだとは思いますが、今回だけで終らせるのは惜しいですね。

恐るべき長兄、脹相

赤血操術に詳しいメカ丸により体外での血液操作を封じられた脹相。

結果近距離戦に持ち込み、虎杖にも勝機が見えてきた。

筈だったのだがッ。

握り拳の中とは言え水に全く晒さず血液凝固を完成させ
勝利を確信した故の油断があったかもしれないが、虎杖に致命傷を与える脹相すげえッ。

これができるのは特級呪霊故か、それとも弟を想う長兄の意地なのでしょうか。

致命傷を負った虎杖の今後

策を上回る致命傷を受けた虎杖、しかもご丁寧に肝臓を貫いたとまで書いてある。

これ以上虎杖は戦えるのか?

それとも仲間が応援として駆けつけるのか?

そして両面宿儺は動くのか?

次回も楽しみです!