森林王者モリキング

【週刊少年ジャンプ】2020年4月の新連載は打ち切りを回避できるのか?

どうも!コハク屋です!

週刊少年ジャンプ、2020年4月の新連載、長谷川智広先生「森林王者モリキング」雲母坂盾先生「ボーンコレクション」はお読みになられたでしょうか?

今回はこの2作品が打ち切りか生き残れるか、各第1話を読み予想したいと思います!

因みに僕の独断と偏見で批評しますので、アナタと意見が違っていても許してね。

森林王者モリキング

この題名大丈夫なんですか?!
後々SE〇Aから訴えられるとかそういうオチはないですよね?!

内容は昆虫を題材にしたシュールなギャグ漫画、とても面白かったです。

過去に2作品も連載しているだけあってか、ギャグのセンスも良いし、それに対する勝子ちゃんのツッコミや挙動も良かったです。

画力も高く不快感なく読み進められまたし、今後も注目した作品です。

ボーンコレクション

心霊や妖怪を扱ったジャンプ王道のアクション漫画でしょうか。
似たようなテーマの漫画だと「呪術廻戦」がありますが、ソレに比べてボーンコレクションはライトでお色気路線のようなので差別化はできてると思います。

ただマンガの内容にはケレン味がなく、尖った個性を感じられませんでした。
その為ほかの連載作品に比べると印象はどうして残りにくいです。

画の方もデフォルメが甘く、かといってリアル調でもなく中途半端。

総合的にみると微妙な作品です。

はたして打ち切りは回避できるのか?

双方各一話を読んで批評した結果、僕は「森林王者モリキング」は生き残れるとは思いましたが「ボーンコレクション」は今のままでは打ち切りになってしまうと感じました。

アナタはこの2作品が週刊少年ジャンプで生き残れると思いますか?