マッシュル

【マッシュル-MASHLE-】コミック第1巻の発売日は何時?購入は電子書籍がオススメです!

どうも!コハク屋です!

同時期に連載が始まった『アンデッドアンラック』は既にコミック第1巻が発売されていますが、哀しいかな『マッシュル-MASHLE-』コミック第1巻はまだ発売されてません。

『マッシュル-MASHLE-』コミック第1巻はいったい何時発売されるのでしょうか?ちょっと調べてみました!

第1巻の発売日は6月4日

ジャンプ公式サイトをチェックした所2020年6月4日に発売されるようです!

今から発売日までまだ1ヶ月弱もあるんですね、とても待ち遠しいです。。

コミック購入は電子書籍がオススメです!

アナタはコミックは紙媒体で買いますか?それとも電子書籍で買いますか?僕は今では電子書籍で購入しています。

僕には従来の書籍より電子書籍のメリットが高いんです。

電子書籍のメリット

どこでも読める

電子書籍はスマホひとつあれば何処へでも持ち運びできます。

更に、紙媒体では通勤中の電車の中や休憩中の職場では恥ずかしくて読めませんが、電子書籍では周りに気取られる事無く漫画を楽しむ事ができます!

かさ張らない

1冊2冊ならたいした事はありませんが、好きな漫画を買い続けているとどうしてもスペースを取ってしまい、部屋が窮屈になってしまします。

レンタルコンテナを借りて管理するという方法もありますが、毎月のレンタル代が高くついてしまいます。

しかし、電子書籍ならスマホひとつで何万冊と読めるので、場所も取りませんし、余計なお金も掛かりません!

価格が安い

以下は『マッシュル-MASHLE-』コミック第1巻のAmazonでの紙媒体の販売価格と、電子書籍のKindelでの販売価格との比較です。

  • 紙媒体:484円
  • 電子書籍:460円

比較してみると電子書籍の方が24円安いですね、たかが24円と思われるかもしれませんが、月に何冊も買っていると馬鹿にできない価格になってきます。

ここまでいいこと尽くめな電子書籍ですが、けしてメリットだけではなくデメリットもあります。

電子書籍のデメリット

電力を消費する

電子書籍はスマホで読むため充電が切れた状態では読む事ができません。

それにうっかり漫画に夢中になると電力を消費しすぎてしまうので、読む時には注意が必要になります。

情緒が無く無機質

紙媒体は、紙の触感やインクの臭いなど情緒があります。

しかし、電子書籍は従来のスマホ操作となんら変わらないので情緒が無く無機質で、あまり本を読んでいる気分に浸れません。

電子書籍ストアが無くなると読めなくなる

電子書籍の購入は、厳密には本そのものを購入するのではなく、書籍のデータを読む権利を買うという事です。

そのため電子書籍ストアが潰れてしまうと、その電子書籍ストアで購入した電子書籍が読めなくなってしまう可能性があります。


もし電子書籍を購入するのであれば、簡単には潰れない屋台骨がしっかりした電子書籍ストアで購入する事をオススメします。

それでもやっぱり電子書籍がオススメ!

そんなデメリットもありますが、時間も場所も関係なく楽しめる電子書籍って、社会人にはやっぱり便利なんですよね!

アナタも電子書籍を活用して、生活を豊かにしてください!