チェンソーマン

【チェンソーマン】最新70話のネタバレ感想!ハロウィンがマジでヤバイッ!

どうも!コハク屋です!(@kohakuya_0731

今回の記事は、週間少年ジャンプ2020年25号に掲載された藤本タツキ先生の『チェンソーマン』最新70話のネタバレと感想です!

チェンソーマン最新70話の感想

サンタクロースの敗北

サンタクロースを倒し、人間の姿に戻り人形の血を浴びて回復するデンジ。

デンジを見上げる破壊されたサンタクロースは、まだ世界中に人形がいること、人形は増やせること、その全てがサンタクロースになりえること、そして闇の力進化し続け殺しに行くと、デンジを脅しますが、デンジは恐れる様子を見せません。

更にサンタクロースは「恐れを知らないのではなく、頭が足りずりかいできないだけ。」とデンジを脅しますが、デンジには通じません。

宇宙の真理はハロウィン

そんなデンジの首を、人間の姿に戻ったクァンシが切り飛ばしました。

クァンシは、宙を舞うデンジの首をよそに、背後に生き残った魔人を2人従えてサンタクロースを見上げます。

サンタクロースはクァンシに必ず人形にする宣言しますが、クァンシはハロウィンとしか喋れない魔人コスモ「本物のハロウィンを食らわせてやれ。」と命じます。

コスモはかめはめ波を撃つようにハロウィンと叫ぶと――サンタクロースの精神を図書館のような脳内世界に招き入れました。

人間の姿のサンタクロースは、精神攻撃を受けても世界中の人形に分散するため大きなダメージはないと読書するコスモに伝えます。

読書するコスモは本を閉じると、今までの様子から想像できないほど落ち着いた様子で語り始めました。

自分は宇宙の魔人である事、サンタクロースに対して怒りがない事、そして闇の力で全てを知った気になっているサンタクロースに森羅万象の全てを理解させる事。

そして理解したモノは死ぬまでハロウィンの事しか考えられなくなる事。

――そして現実世界のサンタクロースは、ハロウィンを連呼しながら燃え尽きてしまいました。

マキマとクァンシ

機を見計らったように現れる岸辺と吉田。

クァンシは剣を向けますが、岸辺と吉田は目隠しをして両腕を後ろに回しました。

そして、その後ろから現れる剣を手にたマキマが現れました。

クァンシは即降参。

自分はどうなってもいいから2人の魔人はどうなっても良いと懇願しますが、マキマは「死体が喋っている。」と魔人諸共クァンシの首を切断します。

クァンシの首を見下ろすマキマ。

その時の返り血が岸辺の頬をかすめますが、岸辺は拭う事もできませんでした。

ハロウィン大パニック!

――その頃世界中ではハロウィンしか喋れなくなった人間(人形)が現れたと大きなニュースになっています。

その中にはアメリカのデビルハンターアルドが、人形の中に紛れ涙目でハロウィンを連呼していました。

沈黙の岸辺

――目隠しを外した吉田から、外さないんですか?と聞かれた岸辺。

岸辺は動かず「何も見たくねえ。」と答えるだけでした。

チェンソーマン最新70話のネタバレ

宇宙の魔人は想定外だった

コスモとんでもない魔人だったッ!

予想の斜め上をいく展開が処理しきれなくてハロウィンって連呼しそうですッ。

おそらく膨大過ぎる知識に人間の脳は耐えられないんでしょうね、結果バグを起こしてハロウィンの事しか考えられなくなるのかもしれません。

でもなんでハロウィンなんだろう?

マキマさん怖ッ

姿を見ただけで即効降参するクァンシを見ていると、マキマさんが如何に恐ろしい人物なのか伝わってきますね。

命乞いを一蹴する冷酷っぷりに震えます。

でも僕が一番怖いと思ったのはこの場所に岸辺と吉田を同行させた事。

敢えて2人の前でクァンシを殺したのは「私の邪魔をするな。」という警告の意図があったのではないでしょうか?

クァンシの元バディでありマキマを殺そうとしていた岸辺は、精神的に大きなダメージを負い、心を閉ざしたようにも見えました。

アルドは再登場するのか?

最後の方でハロウィンを連呼しているアルド。

人形にはなってないようですし、涙目の様子から、ハロウィン騒動に紛れて逃げようとしているんじゃないでしょうか?

でもアルドはこの先活躍する場面はあるのかな。

このあまフェードアウトするような気もしてきました。

他のメンバーは生きているの?

地獄から生還してきたのは確認できる限りデンジとマキマのみ。

アキやパワー達の生死ってどうなってるんでしょうか?次回辺りで明らかにしてほしいですね。

しかし結果次第じゃ人気投票の結果発表が遺影みたいになっちゃうな。。

第71話がどんな展開になるのか今から楽しみです。