マッシュル

【マッシュル】最新16話のネタバレ感想!マッシュがアドラ寮になった理由が判明!

どうも!コハク屋です!(@kohakuya_0731

今回の記事は、週間少年ジャンプ2020年25号に掲載された甲本一先生の『マッシュル-MASHLE-』最新16話のネタバレと感想です!

マッシュル最新16話のネタバレ

5枚になった銀の級硬貨

シルバと巨大森サソリを倒し、銀の級硬貨が5枚になったマッシュ。

5枚の銀の級硬貨は1枚の級硬貨となり、光り輝きます。

顔が照らされたマッシュをドットが茶化しますが、マッシュは仕返しに金の級硬貨でドットの目をくらませます。

そして寮分けの話になり、マッシュは寮分けの時をことを思いだします。

イーストン魔法学校の3つの寮

イーストン魔法学校では3つの寮が存在し、生徒の特長によって割り振られます。

  • 勇気と信念の『アドラ』
  • 知性と勤勉の『オルカ』
  • 才能と自尊心の『レアン』

3つの寮は互いにライバル関係であり、切磋琢磨しています。

マッシュの寮分け

時はマッシュの寮分けの時にさかのぼります――

イーストン魔法学校では白骨のユニコーンの角に触れることにより、ユニコーンが思考を読み取り寮を振り分けます。

この仕事にプライドを持っているユニコーンは次々と生徒を振り分けていき、マッシュの番がやってきました。

ユニコーンがマッシュの思考を読んでみると、シュークリームに埋もれるマッシュの姿が浮かび上がりました。

シュークリームの事しか考えてないマッシュに困惑するユニコーン。

ユニコーンはもう一度思考を読んでみますが、やはりシュークリームに埋もれるマッシュの姿しかでてきません。

結果、ユニコーンはりこじつけでマッシュをアドラに振り分けました。

ランスは七魔牙に狙われているであろうマッシュに、同じ寮の人間と行動しろと注意を促します。

アベル登場

後日――

早速迷子になってしまったマッシュ。

教室を探し歩くマッシュは、それらしい黒い扉の部屋を見つけます。

一方その頃――

アドラ寮にて、コイン奪取に失敗したシルバは、血相を変えてアベルという痣が3本もある魔法使いに謝罪を繰り返しチャンスが欲しいと懇願します。

しかしアベルは冷酷な言葉を放ちながら、シルバを文字通り操り人形に変えてしまいました。

独りでに人形は壇上に向かって動きだし、吊り下げられます。

そこには同じような人形が大量に吊り下げられていました。

神覚者になるのは自分だと言いながら、アベルは『母さん』と呼ぶ抱えた人形に話しかけます。

「しゃべりかけてるそれ、人形ですけど。」

アベルの後ろから壊した扉を持ったマッシュが話しかけます。

黒い扉は教室の扉ではなく、アドラ寮の扉だったのです。

マッシュル最新16話の感想

やっぱりハリー・ポッターのパロディ

振り分けもやっぱりハリー・ポッターのパロディでしたね。

帽子じゃなくて白骨のユニコーンだったのは、何か思うことでもあったのかな?

哀れシルバ

アベルによって人形に変えられたシルバ、ヘイトが溜まっていたために同情はしませんが、彼の今後を考えると目も当てられません。

壇上には元々生徒であったであろう人形が沢山釣り下がっていますが、これイースト魔法学校として問題にしなくていいんですかね?

それとも裏で問題にならないように取引でもしているのかな?

次回はアベルと一触即発か?

早速レアン寮の3本線の新キャラ、アベルと接触したマッシュ。

次回いきなりバトル!とまでいかなくても、一触即発な緊張感のある回になるかもしれませんね。

第17話がどんな展開になるのか今から楽しみです。